プロィール

加瀬 亮

Ryo Kase

 

1974119日、神奈川県生まれ。

生後まもなく渡米し7歳までアメリカ合衆国のワシントン州で過ごす。

2000年にスクリーンデビュー。 2004年公開の『アンテナ』(熊切和嘉監督) で映画初主演を果たして以降、周防正行監督『それでもボクはやってない』、クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』、北野武監督『アウトレイジ』、アッバス・キアロスタミ監督『ライク・サムワン・イン・ラブ』、ホン・サンス監督『自由が丘で』、森崎東監督『ペコロスの母に会いに行く』、山田太一脚本『ありふれた奇跡』、堤幸彦監督『SPEC』シリーズなど映画を中心にテレビドラマ、CM、舞台等、メジャー、インディペンデントを問わず、国内外の作品に出演。主な受賞に第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第50回ブルーリボン賞、第32回報知映画賞がある。

出演作

印刷用 2018.8.20 更新

加瀬亮事務所

150-0012

東京都渋谷区広尾3−9−14駒井ビル1F

TEL. 03−6206−9462

BACK